薪ストーブがある家 M様邸

img03_title

鈴鹿山脈の御在所岳が一望できる所に住むことを考え、土地を探していた施主様の家です。平屋造りで、玄関を開けると、広い土間があります。昔ながらの田舎の玄関の様な、使いやすい土間を望まれました。火のある暮らしを望まれて、薪ストーブ、薪炊きのお風呂を造りました。
この住まいを計画する時、人が集まるスペースが欲しいという要望がありました。
施主の奥様の特技のヨガや子供たちの遊べるスペースとして使える部屋をすべて無垢の木で造りました。一切合板を使わず、柱、梁はすべて檜、内装はすべて杉材で仕上げ、どこを見ても木と土壁です。もちろんキッチンや建具まで無垢の木で仕上げました。
外壁の杉板は施主様が柿渋をご夫婦二人で塗られました。「少々のムラも、その時の思い出の一つ、次は囲炉裏がほしい」とのお言葉もいただいています。

DATA

建物新築 人が集う、薪ストーブがある家
延べ面積135.81㎡(41坪)
備考欄平屋建て