自然に感謝する暮らし

自然に感謝する暮らし

太陽熱利用、囲炉裏、かまど、薪ストーブ(薪燃焼熱利用)、雨水利用など、
お客様の暮らしに合わせ提案しております。

自然に感謝する暮らしイメージ

日本の住まいは長年「夏を宗とすべし」として作られてきました。
夏の涼しさを優先的に、という考え方です。
そして昔は断熱材というものがなく、冬の寒さは我慢するしかありませんでした。
近年、冷えは万病の元とまで言われる時代になり、これからは冬は暖かく、夏は涼しい住まいが求められます。

私たちは自然の恵みをいろいろな方法で生かし、人間の本当の豊かさ、災害に強く安心できる住まい、
人が安らぐ暮らし、そのような住まいをお客様と共に考えて行きたいと思っております。

太陽熱を利用する住宅

太陽熱を利用する住宅

太陽光と太陽熱はどちらも同じ太陽からもたらされる資源ですが、利用方法は全く違います。

太陽光は太陽の光エネルギーで電子を動かし発電します。
太陽熱利用住宅は太陽の熱を受け住宅全体を暖房し、お湯を沸かします。
ただ、すべてを太陽熱に頼ることはできません。その補えない部分の暖房、給湯は補助の熱源で補う事になります。

太陽熱利用の温水式床暖房は数日間継続的な運用で、輻射熱により壁、柱、天井までゆっくりと温まり、
冷えにくい部屋となります。それによって温度差から生じるヒートショックなどを防ぎ、健康に暮らすことにつながります。

屋根の上に設置した集熱器から給湯用タンク、床下の蓄熱材まで配管を巡らせて住まいを暖めます。
詳しいことはぜひ当社にお尋ねください。
太陽の熱をそのまま利用することは、電気やガスに頼らない地球にも優しい暮らし方としてお勧めします。

囲炉裏のある家

囲炉裏のある家イメージ

近年、ウッドデッキでのバーベキュー、ガーデニングなど、自宅での楽しみ方は多くあります。

日本人の暮らしの中につい近年まで囲炉裏がありました。
小さな火をおこし、炭に火種を移す、ゆっくりと炭は赤くなる、そこにはすべて香りがあります。
炭火で食事をする、炭火で暖を取る、炭火を眺めながら話しをする…人はなぜか火の回りに集まります。火のある暮らし、少し贅沢ですがお勧めいたします。
※夏は枠を外してタタミを敷きます。

薪炊き風呂釜のある家

自然に感謝する暮らしイメージ

古民家を再生されたお客様がお風呂を薪で焚く釜を設置しました。

その施主様が「お湯が違います。体の暖まり方が全然違って…」と驚き言葉を漏らし、「薪くべも子どもが喜んでやってくれます。なぜか楽しそうに。」
もちろんガスでも焚けますが、薪のお風呂がやっぱり良いと仰っていました。

当社でもたまにしか施工をしない薪炊き風呂釜ですが、そこにしかない楽しみ方が実際あるようです。 ※もちろんガスでの給湯も可能です

薪ストーブのある家

薪ストーブのある家イメージ

薪ストーブは火を入れて、温まるまでに少し時間が必要です。
薪を手に入れるにも人手が必要です。丸太を割り、積んで干す。これにも人の手と時が必要です。

自ら集めた薪をストーブにくべ、火をつける。少しずつ暖まる。
これこそ薪ストーブの楽しみ方です。ストーブの中でパンを焼く、ストーブでお湯を沸かし、ゆったりとコーヒーを飲みながら本を読む。
家に居ることがもっと楽しくなると思います。

雨水を貯めて利用する家

雨水を貯めて利用する家イメージ

いつも何気なく降る雨は、日本という国では当たり前ですが、
世界では当たり前ではないようです。この当たり前に少々疑問をもち、雨水利用設備を作らせていただいた方に教わりました。

当社で設計施工を行った雨水利用は、庭の散水とトイレ用水としての利用です。
計算すると水道水を利用した方が安くなりますが、今の時代だからこそ、その当たり前を考え直すことも大切だと考えています。

太陽熱利用による床暖房の家、囲炉裏のある家、かまどのある家、薪ストーブのある家、雨水利用の家、トヤオ工務店は自然の恵みと共に楽しく暮らす家の提案をしています

  • 檜の家に暮らす
  • 自然に感謝する暮らし
  • 造るを楽しむ木まま工房
  • 半分自分でつくる家
  • 囲炉裏 火のある暮らし
  • チルチンびと広場
  • チルチンびと
  • 住宅あんしん保証
  • 三重の木 利用推進協議会
  • ホームサポート
  • Facebook