檜の家に暮らす

檜の家に暮らす

~ 無垢の木でつくる家 "丁寧な暮らしの提案”~

« Concept »人が暮らす家に使う木は無垢の木しか使いません

“人が暮らす” “穏やかに暮らす” “丁寧に暮らす”
木は長い時間を経て育ちます。
春夏秋冬を経て年輪を作ります。
人も年を経て家族を持ち、住まいを構えます。
人はなぜか自然の木、無垢の木に囲まれると優しくなれます。
時と共に変化する木に人を映すからでしょうか。

人が暮らす家に使う木は無垢の木しか使いません

時を経た木は味わいが出て、人間は木から暮らし方を教わります。

時を経た木は味わいが出て、人間は木から暮らし方を教わります。

私たちは、過去、いろいろな木を使ってきました。
合板に薄く仕上げ材を張ったもの、接着剤で固めた板、合板、集成材、外国産材…

しかし・・・今は近くの無垢の木しか使いません。
柱、梁、桁、すべて三重の檜です。
“無垢の檜材で家を建てています”
“すべて無垢の木で住まいを造っています”
漆喰、和紙、人の住まいにふさわしいものを使って家を造ります。
これこそが私たちのこだわりです。

住まいは人が暮らすところです。
人に本当にやさしい素材が大切だと思います。
これからは物を大切に長く住む時代になります。
長く、長く、暮らしを共にしてくれる無垢の木で家を作りませんか?

  • 檜の家に暮らす
  • 自然に感謝する暮らし
  • 造るを楽しむ木まま工房
  • 半分自分でつくる家
  • 囲炉裏 火のある暮らし
  • チルチンびと広場
  • チルチンびと
  • 住宅あんしん保証
  • 三重の木 利用推進協議会
  • ホームサポート
  • Facebook